2018年12月25日

2019年に40代女性が試したいヘアカラー【40代ショート・ボブ女性に聞きました】

平成最後の2019年となりましたが、2018年のヘアカラーと、40代ショート・ボブ女性が2019年に試してみたいヘアカラーをお伺いしました。仕事や家庭で忙しい40代の生の声から2019年のヘアライフを想像膨らませてみては?

ちなみに、Pantone「カラー・オブ・ザ・イヤー」により発表された2019年の色は、リビングコーラル。リビングコーラル自体は、◼︎のようなのゴールドにオレンジを重ねた色ですので、直接髪色にする方は少ないかと思います。一方で、そのようなファッションアイテムが増えてくることを想定した髪色にしてみるというのもありかもしれませんね!

30代女性にも2019年試したい髪色を聞いてみました

表参道で美容院・美容師を探してヘアカラーする
40代2019年ヘアカラー

2019年のヘアカラーはイルミナカラー

2018年に出会えたイルミナカラー!2019年も継続したい

――2018年はどのようなヘアカラーでしたか?

最初は白髪染めでグレージュ+インナーカラーで部分的にレッド。その後アプリエカラーでバイオレットグレージュに、さらにその後イルミナカラーのヌード+オーキッド、その後フォレストで染めていました。

――2018年のヘアカラーを振り返ってどうでしたか?

初めてインナーカラーをしてみて、とても気に入っていたのですが、伸びてくると、リタッチが難しそうで次にどのように染めれば良いのかわからず悩み出し、いろいろな染め方を試すことになってしまいました。最終的に美容師さんに相談し、白髪染めをせずにイルミナカラーで染めていくのがベストということで、イルミナカラーで全体を染めることになりました。

――2019年はどのようなヘアカラーにしてみたいでしたか?

引き続き白髪染めはせず、イルミナカラーのみで染めていきたいですが、フォレストというマット系のカラーが気に入っているのでしばらくはマットグレージュのカラーで継続していきたいです。また、ハイライトも入れて白髪を目立たなくしたいです。

――引き続き“イルミナカラーのみ”で染めていきたい理由はありますか?

白髪染めを続けると頭皮が痒くなり、薬剤をつけた時にしみるのが嫌だったのと、増え続ける白髪をやっつけるように染める白髪染めはもうやめようと思い、他に何かないかと探していたところ、イルミナカラーに出会いました。イルミナカラーで染めると、染め上がりがツヤがでてとてもきれいで、手触りも良い。色味も素晴らしい。加えて、白髪にもそれなりに色が入り、退色してきても、新たに生えてきた境目がそれほど気にならないのでとても気に入りました。

2019年は艶感あるイルミナカラーや超アッシュ系スロウカラーも

――2018年はどのようなヘアカラーでしたか?

ヘナや草木染めなどの植物性の染色剤で染めることが多かったです。通常のヘアカラーより若干時間がかかりました。

――2018年のヘアカラーを振り返ってどうでしたか?

植物性のナチュラルな染色剤を使用してヘアカラーをしていたので、きしみ感や痛みが減りました。徐々に手触りが良くなっていき若い頃の髪質に戻ったような感じでした。ヘアカラーをわざわざしなくても、と思うのですが年とともに白髪が増えており、とてもじゃないですがそのままの髪では生活できません。白髪染めも兼ねているので毎月1回は必ずヘアカラーをしています。

――2019年はどのようなヘアカラーにしてみたいでしたか?

イルミナカラーやスロウカラーなど新しいヘアカラーをしてみたいです。年齢的に大丈夫かな?とも思うのですが、新しい事にチャレンジして良いものを試す事やオシャレに年齢制限は無いと思うので新しいヘアカラーはどんどん取り入れたいです。

――イルミナカラーやスロウカラーに興味を持っている理由はなんですか?

今年やってきたヘアカラーは植物由来の肌や髪の毛に優しい成分が入っていたので安心していましたが、髪の色が赤みを帯びていたり白髪の部分が色が浮き出ているように感じでいました。

色的に少し不満もあったのでスロウカラー等の超アッシュ系のヘアカラー方法を利用したら自分の好みのカラーにできると思いました。あと髪の痛み等も気になるのでイルミナカラーなどで艶感もプラスしてなめらかな髪質になれればいいなと思います。

2019年はハイライト・メッシュ

2019年はハイライトで変化と軽さを手に入れる

――2018年はどのようなヘアカラーでしたか?

美容師さんにおまかせしています。美容師さんから説明された内容ですが、日本人の髪質に合うというイルミナカラーで、仕上がりが赤味の少ないアッシュ系になるようブルーやパープルの薬剤を混ぜ、明るさ9~12あたりで染めていただいているそうです。

――2018年のヘアカラーを振り返ってどうでしたか?

もう何年もカラーをし続けているからか、どうしてもカラーを染めた直後は思い通りの仕上がりになるものの、1ヶ月もしないうちに退色してしまい、オレンジ系の赤味が強くなってしまいます。そのため、前半はカラーのトーンを抑えめにして、カラーを染めた直後よりも時間が経った頃に好きな明るさになるようにしてもらっていましたが、後半は思い切って最初からトーンを明るめにしました。

――2019年はどのようなヘアカラーにしてみたいでしたか?

結果、どっちにしろ色は退色してしまうので、最初から好きな明るさにして、カラーを2ヶ月に1回の頻度を1ヶ月半に1回の頻度にすると、自分の好きなカラーで過ごせる時間が増え、気分もいいし、来年もこの感じでいこうと思っています。 年齢的には落ち着いたカラーがいいのだろうと思いつつ、引き続き明るい寒色系のヘアカラーをするつもりですが、来年はぜひハイライトに挑戦したいと思っています。

――ハイライトが気になったきっかけはなんですか?

昔やっていたメッシュの頃は派手なイメージですが、最近のヘアスタイルの画像をみるとあまり明るすぎないハイライトを入れている画像が多く、気になっています。

ハイライトを入れているヘアスタイルの画像をみていると、髪全体が軽い印象になっているし、最近気になり始めた白髪も目立たなくなるのではとも期待しています。それに、ワンカラーでカラーリングをすると、カラーの明るさや色味を変化させても結局退色してしまいます。もっと気分が変わるような違ったカラーをしたいと思っているので、ハイライトで変化を楽しみたいとも思っています。

2019年はメッシュで個性もプラス!イルミナカラーは継続で

――2018年はどのようなヘアカラーでしたか?

イルミナカラーというもので、そのベージュのようなカラーを選びました。それも少し明るめのトーンでお願いしてます。

――2018年のヘアカラーを振り返ってどうでしたか?

長い間カラーはずっと色々してきていますが、元々私は黒々とした髪色です。カラーをしてもどうしても時間と共に赤みが非常に気になりなるほどで、今回のカラーでは退色後もそれまでの赤みとは違って気にならないくらいでした。なので長い間カラーを楽しめている感じがあります。

――2019年はどのようなヘアカラーにしてみたいでしたか?

イルミナカラーは髪への負担も以前のものよりも負担が少ないようなので、これからも続けていきたいと思います。

また今まで通りの物でも十分ですが、ヘアカラーも新しいものが続々と出ているので、美容師さんとも相談して新しいものにも挑戦したいと考えています。あと2018年は残念ながら挑戦できませんでしたが、2019年はメッシュをしっかり入れたヘアカラーに挑戦したいと思います。

――メッシュをしっかり入れてみたいと思ったの理由はなんですか?

今まで私は明るいカラーリングもしてはきましたが、どちらかと言えばシンプルなヘアカラー、ヘアースタイルばかりを選んできました。
なので今後はもう少し個性的なヘアカラーにも挑戦していきたいなと感じています。特に年齢を重ねてくると全体的に地味になりがちなので、ヘアカラーだけでも明るく華やかな印象をつくりたいと思います。

2019年はメッシュでお洒落さとボリュームを

――2018年はどのようなヘアカラーでしたか?

明るめのブラウンで、白髪もカバーするように染めてもらっていました。髪が薄くなってきたようなので、頭皮をなるべく傷めないものでと担当の方にお願いしていました。

――2018年のヘアカラーを振り返ってどうでしたか?

元々、真っ黒ではなく茶色っぽい髪の色でしたが、より明るい色にすることで若々しく活動的な雰囲気になっていたかなと思います。白髪が出てきても、髪色が明るいのであまり差がなく、目立たずにすみました。ただ、髪の量が減ってきて薄くなったようなので、あまり明るいと今度は地肌が目立つのかなと最近は思うようになりました。

――2019年はどのようなヘアカラーにしてみたいでしたか?

染める際に担当の美容師さんと相談をして、今よりも少し全体的に暗い色にして、明るい色のメッシュをいれてみたいと思います。外国人のような雰囲気で髪の流れや動きがきれいに見えるのではないかと思っています。

――明るいメッシュが興味を持ったきっかけはなんですか?

まわりの同年代の友人にメッシュを入れた人が増えてきて、お洒落に見えるなと思ったことです。

最近、分け目や生え際の地肌が透けて見えてきたようで、薄毛が気になっているので、メッシュを入れて髪の色のトーンを変えることで、実際よりもボリュームが出て見えるのではないかと期待しています。前髪を上げたり、カチューシャをしたときにもメッシュが入っているとお洒落に見えると思います。

2019年もヘアカラーは現状維持

とにかく現状維持!2019年もダークブラウンで

――2018年はどのようなヘアカラーでしたか?

自分の本当の髪の色に近い黒い色で染めていました。一般的に言うところのダークブラウンです。真っ黒でもなく、茶でもないです。薬剤は美容院のものか、自分で染めるときは市販のものです。

――2018年のヘアカラーを振り返ってどうでしたか?

特に思うところがなく自毛に近いものが落ち着くので、それでよかったとおもいます。白髪が増えてきたので黒い色で染めると白髪が伸びたときに目立つと思いますが、変に明るくすると顔のくすみがめだったり、かえって老けて見えたりするので、染めてます感がでてしまっても今の色でいいなと思っています。市販のものでもトリートメント効果がよくできているのでありがたいなと思います。

――2019年はどのようなヘアカラーにしてみたいでしたか?

たぶん2019年もこのまま同じでいこうと思っています。せっかくの新しい年ですが、髪色に関しては今のままでいいと思っています。ダークブラウンでいこうとおもいます。継続です。

――継続していきたいの理由はなんですか?

特に変更したいとは思っていません。

あまりこだわりがないのが一番の理由ですが、明るくするのに抵抗もあり、変更する労力も面倒です。その上、今のダークブラウンも気に入っています。

加齢により肉体の各方面で衰えるほうに変化が出る年ごろなので、ヘアカラーについては変更したいと考えていません。とにかくなんでも現状維持が目標なので、新しいことにチャレンジしたいという気持ちが薄いです。

仕事柄、無難さ重視。でも銀髪も気になる・・・

――2018年はどのようなヘアカラーでしたか?

染めていました。それほど明るくない、赤っぽくない茶色です。薬剤は詳しくわかりませんが、白髪があるので染めています。

――2018年のヘアカラーを振り返ってどうでしたか?

仕事もしているので、ある程度落ち着いた無難なカラーにしていました。どんな服装でも割と合う、落ち着いているけど落ち着きすぎない感じなので、重宝しています。もっと明るくすることも考えましたが、自分の印象にあわなそうな気がします。逆に黒くしようとも思ったことがありましたが、白髪が伸びてくると、よりくっきりしそうな気がして却下しました。

――2019年はどのようなヘアカラーにしてみたいでしたか?

今年同様、無難に行くつもりです。少し興味があるのが銀髪です。白髪もあるので逆に・・・と思うのですが、顔を選ぶかもしれないと思うのと、ほかの色と別な方法で行うのかもしれないなとも思います。なかなか勇気はでませんが。

――銀髪に興味を持たれたのはなぜでしょうか?

白髪があるからと、将来の予行演習としてですね。また、多少の憧れもあります。そう考えるとウイッグなどで試してみたいです。銀髪もそうですが、ほかの色も事前に試してみたいな、と思います。

銀髪は、つやがよければ光沢がきれいに出そうでいいです。軽やかに見えるし、なんだかかっこいい気がします。夏など涼しげに見えそうなのもいいですね。

2019年は明るめヘアカラーも気になる

2019年は少し明るくアッシュやベージュ系ヘアカラー

――2018年はどのようなヘアカラーでしたか?

美容院で1年間通してダークブラウンに染めてもらっていました。薬剤は泡タイプではないクリームっぽいものでした。

――2018年のヘアカラーを振り返ってどうでしたか?

2018年は落ち着いた感じにしたかったので1年間通してダークブラウンに染めていました。もともと白髪も多かったため同じ茶色でも明るめの茶色にしてしまうと白髪だった部分がさらに明るくなってしまいそうだったので暗めのダークブラウンにしていました。その前の年までは黒髪だったのでダークブラウンでも十分に変わったなという印象を持たれ私としては満足でした。

――2019年はどのようなヘアカラーにしてみたいでしたか?

2019年は同じ茶色でもナチュラルブラウンにしてみようかなと思っています。でもいろいろな雑誌やヘアカタログを見ているとアッシュブラウンやブラウンベージュにも惹かれます。どのみちあまり明るめではなくでも今年よりは少し明るめでいきたいかなと思います。

――少し明るいヘアカラーにしてみたい理由はありますか?

2018年はダークブラウンで落ち着いた感じにしていたため2019年は少しだけ明るい色に挑戦してみたいです。理由としてはやっぱり少し若く見えるかなという期待と白髪が多いためその白髪の部分がどのように染まるかほかの色でも試してみたいという気持ちからです。白髪の部分はほかの黒い髪よりも明るめに染まると聞いたのでアッシュブラウンやブラウンベージュぐらいなら大丈夫かなと思っています。

勇気はいるけれど、ボルドー系ヘアカラーにも冒険したい

――2018年はどのようなヘアカラーでしたか?

美容院で二ヶ月に一度染めていて、一ヶ月に一度は生え際や目立つところを部分染めしています。濃い茶色で、美容院ではオーガニックのものです。自宅では市販のものです。

――2018年のヘアカラーを振り返ってどうでしたか?

白髪が殆どと言っていいほど大量で、しかもすぐに目立ってくるので、お洒落染め・・・というのではなく、白髪染めで、明るい色に染めると染まりにくいですし、色ムラができるので、美容院でも濃い茶色を勧められ、いつも濃い茶色にせざるを得ない状況で、正直、あまり面白みが無いです。ですが、小奇麗に清潔感のある色合いにするには他に選択が無いな・・・と。

――2019年はどのようなヘアカラーにしてみたいでしたか?

もし、可能であれば、明るい茶色か、赤みのある茶色に染めて、明るい感じにしたいです。いっそ、ボルドーに近い色を冒険してみたいですが、年齢が年齢なので、少々勇気が入ります。でも、チャレンジしてみたい気持ちがあります。

――明るい茶色や赤みの茶色などに挑戦してみたい理由はありますか?

濃い茶色とか、いつも同じ色だと飽きるからです。そもそも若い頃はよく色んな色に染めていて、その都度ファッションも変えていて楽しかったので。髪色を変えたら、ファッションもガラリと変えたりできますし、リフレッシュというか、気分転換というか、ちょっと違う自分に挑戦できるかな・・・と思うのです。しかし、年齢が年齢なので、やはり勇気がいりますね。

 まとめ:白髪・明るめ・艶というキーワード

40代に限定していることもあり、白髪染めへの言及が多数見られました。また、白髪染めを軸に考えたときに染めムラや白髪が混じっても誤魔化しやすいメッシュや明るめという言及や、イルミナカラーを代表格とするツヤ感を実感されているヘアカラーへの興味関心が強いという結果が見られました。

各種メディアではベイクドカラーのスモーキーベージュのグラデーションカラー、スモーキーピンクアッシュがおすすめのヘアカラーと紹介されていたり、ヌーディーベージュ、ミルクティーベージュ、オリーブアッシュ、ブルージュ、ラベンダーアッシュ、グレージュ、ミントグレージュ等をおすすめしているメディアもあるようです。ヘアカラーはあくまでも肌の色によって似合う似合わないがありますし、髪質によってもうまく染まる色、染まらない色もあります。美容師さんと相談しながら決めていけるといいですね!

品質を重視している女性との対話の中では、薬剤にこだわった美容室選びをしている方も多く見られました。インターネットで何でも調べられる世の中になった結果、お客様の中には絶えず新製品の情報をキャッチしている方も。今後もよりこだわりの強い製品を取り扱う美容師さんに、感度の高いお客様が集まる流れが進むのではないでしょうか。

表参道でショートが得意なスタイリスト探し

40代女性におすすめのショート・ボブが得意な表参道美容師一覧

フェイスブックでフォローして、表参道ショートヘアの更新情報をチェック!

 

あわせて読みたい!40代ショート・ボブ女性の体験談

今の髪型、満足?不満?40代女性のショート・ボブ満足度調査結果|表参道ショートヘア

40代女性が納得のヘアカットにしたい時、ショートが得意な美容師を選ぶ理由|表参道ショートヘア

ショートやボブで失敗した時の対処・対策【40代女性10人に聞きました】|表参道ショートヘア

40代女性の私がショートやボブに変えた理由|表参道ショートヘア

40代女性の私がショートに変えた前後の悩み|表参道ショートヘア

かっこいい系・かわいい系ではくくれない!40代女性の私が好きなショートヘアテイスト|表参道ショートヘア

結婚式にお呼ばれ。40代ショート・ボブ女性の対応|表参道ショートヘア

40代女性のくせ毛、薄毛、白髪…髪の悩みと対策|表参道ショートヘア

ショート・ボブの40代女性がパーマはかける理由、かけない理由|表参道ショートヘア

美容院ジプシー必見!リピートしている美容院・美容師の選び方【40代ショート・ボブ女性11人に聞きました】|表参道ショートヘア

ショート・ボブの40代女性がパーマはかける理由、かけない理由|表参道ショートヘア


もっとショート・ボブ以外でも気になる!40代女性に聞きました


40代女性が考えるヘアカットを新規予約する時の、美容師選び・美容室選びで重要なポイント|表参道ショートヘア

Copyright © M-OUT Inc. All Rights Reserved.